園長のあいさつ

Posted by on 5月 06 2010 |

  私たちは すべては子どもの幸せのために をスローガンに、自己啓発や自己研鑽をしながら、驕ることなく、保護者や地域の方がたと共に、よりよい子育ての環境を作っていきたいと思っています。

 ところで、みなさんは保育園にどのようなイメージをもっていますか?玄関や壁にはかわいらしい派手な装飾やキャラクターをあしらってある。乳幼児がいる所なので、にぎやかで、子どもが部屋の中を走り回っている。大人は、くまやうさぎのエプロンをつけ大きな声を出しながら動き回っている。このように想像されるのではないでしょうか。

 これは、いずれも大徳保育園にはあてはまりません。私たちは、乳幼児が1日の大半を過ごす保育園は、安心できるところ・落ち着いて過ごすことができるところだと考えています。そのため、子どもたちが1番安心できる家庭をイメージし、派手なものやキャラクターを使わず、布や自然物・花を飾っていますし、部屋の中では走り回る必要がないように遊びこめる環境を作り、大人は小奇麗な服装で大きな声を出すこともほとんどありません。

 私たちは、子ども1人ひとりが、発達する力を持ち、それを自ら伸ばす力を信じています。そのため私たちは、発達の道筋を踏まえ、今この子には何が必要なのか・どう援助したらより成長できるかを常に考え日々保育にあたっています。

                           園長 浅香 聡彦 平成24年4月1日

no comments for now

Comments are closed at this time.